受験記(2)-「志入試」に挑戦ー


上田ゆき乃さん、神戸大学工学部建築学科、合格!!!


彼女は中高一貫校の岡山操山中学、高校に通っていました。

英語を習っていたので、私とは顔見知り程度でした。

彼女がバレエを一生懸命していて、

いろんなコンクールや発表会に出ていたことは知っていました。


去年の夏。いきなり志望理由書と小論文を見て欲しいとの連絡がありました。

建築学科に行きたいとのこと。

神戸大学の建築学科の「志特別選抜」に挑戦したい、というのです。

「志特別選抜」は神戸大学のオリジナル入試で、「人類が築いてきた学問を継承するとともに,不断の努力を傾注して新しい知を創 造し,人類社会の発展に貢献しよう」という方針が挙げられています。第一次選抜は書類審査(調査書、志望理由書)、模擬授業・レポート、理系の総合問題とかなりタフです。


志望理由書を仕上げるために、建築科にどうしていきたいの?と尋ねると、ご家族でシドニーに行き、オペラハウスの舞台の裏側を見学し、その楽屋、演者のための無駄のない動線にまず驚いたとのこと。

そして周囲がオペラハウスでのいろいろな舞台を見た後の、余韻に浸ることができるような場所であったこと。

その二つを挙げ、私もいつかはそういう建築物を作りたい、と語りました。

素晴らしい夢を持っているな、と感心しました。


10月26日。第一次選考にパスしたとの連絡がありました。

最終選考は小論文と面接、口頭試問です。

定員は2名という狭き門。

しかも試験日は11月6日。10日しかありません。

選抜内容には「空間建築に関する課題を提示し」とありましたが、

わたしは建築に関しては知識がありません。

過去問題を解いたり、専門の友人にアドバイスをもらったりと、

一生懸命に取り組みました。


そして12月3日。

合格との知らせがありました。


どうして合格できたと思う?と聞いたところ、

わたしとの勉強で視点が広がった、自分一人ではわからなかった新しい視点ができた、

これらは学校では学べなかったことだそうです。

更に、入試だけではなく、来何がしたいのか、形がつかめた、

合格、不合格は関係なく、自分の考え方や受け取り方に幅ができた、

ということでした。


これは一番ありがたい言葉です。

きっと大学でも頑張って、

素晴らしい建築家になってほしいです。


おめでとう!!!