top of page

受験レポートその1


 今回から大学に合格した生徒さんのインタビューを載せていきます。

 まず1回目は慶應義塾大学総合政策学部に合格した渡邊多笑さんです。3月から9月まで小論文コースを受講。見事にSFC入試に合格しました。

(写真の掲載及びプライバシーに関することは本人及び保護者の許可を頂いています)


名前 渡邊多笑


出身高校 岡山学芸館高校


合格した大学 慶應義塾大学総合政策学部


①合格おめでとうございます。発表を見た時はどんな気持ちでしたか?

 サポートしてくださった方々への感謝の気持ちと新しい生活へのワクワクでいっぱいでした。


②志望校を決めたのはいつ頃でしたか?

 6月ごろ


③清祥塾を選んだ理由を教えてください。

 親しい友人からの紹介で面談に行ったところ、とても良い環境だと感じたため。


④実際に授業を受けてどうでしたか?

 毎週楽しく受験準備をすることができ、自分1人では行き詰待っているところも清祥塾に行けば良い表現や文章を思い付くことが出来ました。


⑤後輩たちへのアドバイスをお願いいたします。

 自分に向き合って最後まで諦めず頑張ってください。


 慶應義塾大学のSFC入試は数ある総括型入試の中で最難関と言えます。何よりも志望理由書が実は学修計画書であり、さまざまな添付書類があります。その上、全国レベルでの表彰や頑張ったことが評価されるという、本当に大変な受験です。

 彼女の素晴らしいところは、自分の考えを持ち、人を頼らず、何度も推敲を重ね、粘り強く頑張りました。何時間も文章を練り、調べることを繰り返しながら頑張りました。

 芸能人の鈴木福くんが受験することもあり、注目されたSFC入試。また受験も2021年より1期と2期であったものが1度になり、倍率も増加。その中での合格は素晴らしいと思います。

 いつも笑顔で、2人で楽しくやり取りをしながら、作り出していった志望理由書や数々の書類。苦しいという言葉よりは、楽しいという言葉が浮かんできます。


慶應義塾大学に学んで、世界に羽ばたいて欲しいと願っています。

コメント


bottom of page