top of page

受験シーズン、始まりました!


今日は岡山県の私立高校の第1期の入試の日です。

数人の生徒が受験に出かけて、

先程塾にやってきました。

口々にできなかったところを言って、

いつになく復習するとか、自分で解き直しをしたりとか、神妙です。


同じ教室に同じ中学の子がいたからよかった、とか、夜寝られなくて夜中まで起きてたとか、初めての受験での緊張を話していました。


共通テストが終わり、どこの大学を受けるか、二次試験の対策も始まっています。

二次試験は国語は記述で、さらに小論文が科目に加わる大学も増えています。

今、小論文も国語も受験する生徒が勉強に来ています。

記述は慣れていないので、問いに対して、漏れがあってはいけないと、出来る限り書いてくるので、帰って何が答えたいのかわからなくなる、そういう答えが多いです。

小論文は、テーマ式と読解力と文章力が試される文章式があります。

要旨まとめができないといけないので、手始めに新聞のコラムをまとめてもらいます。

それは少しやれば必ずできるので、時間がなくても必ずやってもらいます。


マークに慣れてはいるものの、自分の考えを書く、というのは本当に難しい。

高校2年生から小論文をやっている生徒がいますが、

とても面白いことを書く生徒や、文芸部で小説を書いているという生徒など、

どのようにすればその生徒たちのよい面が伸びていくのか、

いつも考えながら教えています!

bottom of page