top of page

二次試験、小論文を選ぶのなら、スタートは早めに!



共通テストも終わり、自己採点も終わり、悲喜こもごも。

英語はできたという人が多いものの、国語は、、、


小説ができなかったという子が多かったです。

梅崎春生の小説で1948年の『飢えの季節』というもの。

現代の若者にとってはわかりにくかったのかもしれません。


古文も『俊頼髄脳』という歌論でした。古文の上に評論ですし、まあ、出題の部分は説話的な感じかもしれませんが、難しかったかも。


いつもより出来が良かったとは聞きません。。。

平均点の発表を待って、志望校を決め、本格的な勉強が始まるのですが、、、取り掛かりは早めに!!!


共通テスト以前に出願している子もいたし、

二次試験の問い合わせ(小論文)もあったり、

志望校の相談やら、相変わらずのバタバタです。


小論文が二次試験の大学を受けるのなら、早めの対策をお勧めします。

Comments


bottom of page